マイクロバブルシャワー | ピュアブル

株式会社オーラテック

マイクロナノバブルシャワー、発生方式のそれぞれの特徴

前回の記事でマイクロバブルの発生方式についてご紹介しましたが、今回はそれぞれの発生方式の特徴をご紹介します。

 

♦特殊エジェクター方式

弊社のマイクロナノバブルシャワー「ピュアブルⅡ」で採用している方式です。

この方式は外部から空気を吸入し、一般的な給湯器に必要な圧力の0.04MPaさえ得られれば季節、水質問わず安定して大量のバブルを発生させることが可能で、低水圧のご家庭でもお使いいただけます

 

♦キャビテーション方式

他社のマイクロナノバブルシャワー製品の多くが採用している方式です。

この方式は水中の溶存酸素を析出させてバブルを作ります。バブルを発生させるには一定の条件がありますので確認が必要です。

*0.07MPa以上の水圧が必要ですので、低水圧のご家庭ではバブルは発生しません。(製品に表示されている使用水圧をご確認下さい)

*夏場の水道水や井戸水では、水中の溶存酸素量が少ないのでバブルは発生しません。

*お湯にして溶存酸素を析出させる方式なので水シャワーではバブルは発生しづらくなります。

 

♦旋回流方式

この方式はシャワーヘッド内で水を回転させ負圧を発生させてバブルを作ります。

エジェクター方式と同じ外部から空気を吸入する方式ですが発生効率が悪く、水が高速で回転するためモーターのような不快な音と振動が生じます。また、発生に必要な最低水圧も他の方式と比べ高くなります。

 

以上をまとめると以下のようになります。

 

特殊エジェクター方式は、キャビテーション方式、旋回流方式と比較した場合、気泡径の最終調整や厳格な品質管理が求められますが、

他の2方式にはクレームに繋がるような問題点がありましたので、オーラテックではそれらをクリアした「特殊エジェクター方式」を採用しました。

マイクロバブル発生に必要な最低水圧に満たない場合は、出荷前にピュアブルⅡを個別に調整可能です。

また、ご購入後でも調整可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。